PythonでGmailの受信メールを見る方法

Google Apps
Python Quickstart  |  Gmail API  |  Google Developers

Python Quickstartという、Googleの公式サイトにしたがって設定してみましょう。

上のサイトにアクセスすると、こんな画面になると思います。

Googleの公式サイト

python2.6以上pipGmailのアカウントをあらかじめ用意してください、と書いてあります。

STEP1 Turn on the Gmail API

かっしー
かっしー

Gmail APIをオンにしよう!

上の画像の真ん中らへんにある、Enable the Gmail APIというボタンを押し、NEXTを押しまくります。

すると、Client ID, Client Secretが下の画像のように表示されます。DOWNLOAD CLIENT CONFIGURATIONをクリックすると、 credentials.json というファイルがダウンロードされます。ダウンロードしておきましょう。

Step 2: Install the Google Client Library

かっしー
かっしー

Googleクライアントライブラリーをインストールしよう!

公式サイトに書いてある通り、

pip install --upgrade google-api-python-client google-auth-httplib2 google-auth-oauthlib

をターミナルで実行します。パソコンにpipが入っていない人は、「pip インストール windows」や「pip インストール mac」などとググってインストールしてみてください。

Step 3: Set up the sample

かっしー
かっしー

サンプルをセットアップしよう!

公式サイトにも書いてありますが、下のコードを丸々コピペして、 quickstart.py という名前で保存しましょう。保存場所は自分のパソコンのどこでもいいです。ダウンロードでもデスクトップでも、本当にどこでもいいですよ。

from __future__ import print_function
import os.path
from googleapiclient.discovery import build
from google_auth_oauthlib.flow import InstalledAppFlow
from google.auth.transport.requests import Request
from google.oauth2.credentials import Credentials

# If modifying these scopes, delete the file token.json.
SCOPES = ['https://www.googleapis.com/auth/gmail.readonly']

def main():
    """Shows basic usage of the Gmail API.
    Lists the user's Gmail labels.
    """
    creds = None
    # The file token.json stores the user's access and refresh tokens, and is
    # created automatically when the authorization flow completes for the first
    # time.
    if os.path.exists('token.json'):
        creds = Credentials.from_authorized_user_file('token.json', SCOPES)
    # If there are no (valid) credentials available, let the user log in.
    if not creds or not creds.valid:
        if creds and creds.expired and creds.refresh_token:
            creds.refresh(Request())
        else:
            flow = InstalledAppFlow.from_client_secrets_file(
                'credentials.json', SCOPES)
            creds = flow.run_local_server(port=0)
        # Save the credentials for the next run
        with open('token.json', 'w') as token:
            token.write(creds.to_json())

    service = build('gmail', 'v1', credentials=creds)

    # Call the Gmail API
    results = service.users().labels().list(userId='me').execute()
    labels = results.get('labels', [])

    if not labels:
        print('No labels found.')
    else:
        print('Labels:')
        for label in labels:
            print(label['name'])

if __name__ == '__main__':
    main()

Step 4: Run the sample

かっしー
かっしー

サンプルを走らせてみよう!

ターミナルで、先ほど保存したファイルがあるディレクトリ(フォルダとも言う)に移動して、

python quickstart.py

と書いてEnterキーを押して実行しましょう!

下のような画面(筆者のは英語ですが、日本語と同じことが書いてあります)が表示された場合、一番左下の「〇〇にアクセスする(安全ではありません)」をクリックしましょう。

かっしー
かっしー

大丈夫?危なそうだけど…

大丈夫!今回は問題ないよ

すると下のような画面になると思います。あなたがPythonで扱いたいGmailのアカウントを選びましょう。

Google Accountを選択する画面

すると、無事にさっき保存したプログラミングコードが走って、

Labels:
...
...
...
...

みたいな表示がターミナルに出ると思います。

今回は以上です。質問はツイッターやMENTAにてお願いします!

タイトルとURLをコピーしました