自衛隊ワクチン予約できたのでコツをまとめた

雑記

自衛隊東京大規模接種センター(東京会場)のコロナウイルスワクチンの予約をチャレンジ2回目にして予約できました。このページにたどりついた方はすでにご存知かもしれませんが、18時ジャストに3日おきくらいに予約を受け付けているシステムです。会場はA, B, C, Dと4つあり、全て大手町です。

以下、結論+コツ→やったこと→まとめ の順番で簡潔に書きます。

結論:18時前からアクセスしていたMacでいけた

結論はタイトルの通りです。18時前から2台のMacでページを待っていて、そのまま放置していました。スリープや画面オフはされないように設定していました。MacではCaffeinというアプリを使っています。ワクチン予約のためではなく、数年前からずっと使っているアプリです。僕の場合はMacを使いましたが、WindowsかMacかはどちらでも良いと思います。

以下、コツをまとめます。

  1. スマホやPCはできるだけ多くのデバイスを用意
  2. 18時前に全デバイスでスリープや画面オフしないように設定しておく
  3. 18時前に全デバイスの充電が大丈夫か確認。少ないなら充電する
  4. 全デバイスで18時前に https://www.vaccine.mrso.jp/sdftokyo/VisitNumbers/visitnoAuth/ にアクセス、開いておく
  5. 18時ジャストに全デバイスでリロード(LINEなら18時ジャストに「空き状態を見て予約する」をタップ)
  6. そのまま何もせず待つ。最大30分程度待つが、画面が変わった瞬間に気づけるようにしておく。数秒で各時間の予約はどんどん埋まっていく。僕の場合は目の前にPC2台、iPad、iPhoneを並べて意識半分で本を読んでいた

やったこと:4台のデバイスでアクセス

トライしたことの詳細を時系列で書きます。

17:58 – 2台のMacBook ProでGoogle Chromeから https://www.vaccine.mrso.jp/sdftokyo/VisitNumbers/visitnoAuth/ にアクセス

18:15 – 片方のMacのChromeで違うタブを開いてTwitterをチェック。すでに東京の方でも予約できている人もいるようで、「18時ちょうどにリロードすべきだったかな…」と後悔する

18:20 – Twitterで「LINEで開いたらすんなりいけた」みたいなツイートを見つける。「もしかしたらランダムに開くのか?」と考え、なんとなくiPad(Safari)とiPhone(LINE)からもアクセス

18:29 – 最初にページを開いていたMac2台のうち1台でいきなり画面が変わった

18:29 – 市町村番号、接種券番号、生年月日を入力

18:30 – なんとなくセンターAをクリックしたらもういっぱいだったので、上の検索する場所からカレンダーで長めの期間を設定して検索。センターBが一番上に表示されたのでクリック

18:31 – 予約日程の中の前半はすでに満員だった。都合的に最終日を選ぶ

18:31 – 平日は仕事があるためなるべく遅い時間にしようと思い、その時点で一番遅い17:30を選択。表示した時点では「空き枠30」と表示されていたので、余裕あるじゃんと思いクリックしたら「満員になったので他の日程を選んでください」との表示が。数秒の間に10, 20の枠は埋まってしまうようだ。

18:32 – なんとか予約完了。結構焦ったが、番号はちゃんとコピペできる状態にしておいたので入力は手間取らなかった。また、不思議なことに同じタイミングでページを開いていたもう1台のMacは最後までページが変わらなかった。ただ、途中でChromeの違うタブを開いてTwitterをチェックしたりしたので、それのせいか…?だがリロードはしていないので、そうとも思えない。

以上から、以下の考察ができる。

  1. 18時前にページを開いて放置していても大丈夫
  2. Chromeの違うタブを表示しても問題ないかどうかは分からない(Chromeの仕様に詳しい人なら分かるはず)
  3. もし違うタブを表示したことが関係ないなら、ある程度ランダム要素がある可能性がある

まとめ

ランダム要素がある可能性はあるため、やはりなるべく多くのデバイスで、できれば18時00分01秒くらいにリロードするといいのかなと思います。僕の場合は18時前に開いていてもいけましたが、それでもページが変わったのが18:29くらいと遅かったので。

タイトルとURLをコピーしました